FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
女性のためのプロテイン!!!
早いもので今年ももう12月!  アート・ボディ広島もどんどんと進化していっております!!

近頃はサプリの進化の方も、目覚ましいものを感じます。

例えば、プロテインにも女性用、男性用とニーズに合わせて細分化されております。

昨日、ある女性会員様が、アート・ボディで購入されたプロテインを持参され、ワタクシに『他のプロテインにはない独特の香りを感じるんですけど、お味見していただけますか?』と仰られました。

“これは飲みにくいんだなァ~”と感じつつ、早速試飲することに、、、。

飲んでみると、“これはハーブだな!”とピーンときました。

実は、この女性用プロテインは、香辛料の一種でもあるフェヌグリークとシナモンが入っている、とても高品質なプロテインなのです。

フェヌグリークの効能は、血流促進と同時に女性ホルモンの分泌も促進いたしますのでバスト・アップの効果が期待でき、フェヌグリークに含まれている成分のガラクトマンナンが、糖質が腸内から吸収されるのを阻害する役割をするので、血糖値の上昇も抑えるのです。

サポニンも含まれており、血管内の脂肪を除去し、コレステロールを低下させます。

シナモンにはカルシウム、鉄分、マンガンを多く含みますので、これまた血糖値降下作用があるのです。

つまり、このプロテインはダイエットは勿論、メタボリック・シンドロームの予防改善にも最適な物といえるのです。

バスト・アップと同時に健康にシェイプ・アップも実現できるという女性には願ってもない夢のようなプロテインという事なんですネ!

さすが高級プロテイン!!(笑)

ですが、“良薬は口に苦し”ではないですが、ハーブの香りが気になるところではあります。

フレーバーは、とても好い味をしているのですが、、、。

こういった夢のような効果が期待できる高品質なサプリメントを、アート・ボディ広島では取り揃えております。

御関心のあられる方は是非一度、お尋ねださいませ!

勿論、とても美味しい商品もありますョ!!

心よりお待ちしております!!!(笑)



理想のボディへ!上手なプロテイン利用法⑥!!!
みなさん御存知でしょうが、プロテインにもたくさんの種類があります。

昔は、大豆プロテインが主流でしたが、現在はホエイ(乳清)が中心になっております。

ホエイ・プロテインは消化吸収に優れ、とても効果を体感し易いプロテインです。
朝や、トレーニング後などがお勧めです。

ホエイ・プロテインの種類は、大きく分類して四つあります。
WPI(アイソレート)は大丈夫でも、WPC(コンセントレート)が入ると下痢をされる方もおられます。
また、ボディビル・コンテストに出られる方は、身体が完璧に仕上がりにくいので、コンテスト3ヶ月前にはホエイの使用を、止める選手もいます。

バルク・アップには適しているのですが、、、。

エッグ・プロテインも消化が良く、とても優れたプロテインなのですが、塩分が気になるという方もおられるようです。

カゼイン・プロテイン(ミセラー&カルシウム)は、ゆっくりと吸収するのでとても腹もちが良く、間食に適しているといえるでしょう。

大豆プロテインも消化が遅いのですが、安価で健康志向なプロテインといえるでしょう。
ですが多量に摂ると、お腹にガスが溜まったり、イソフラボンの過剰摂取となりますので、御注意下さい。

上にあげたプロテインの全種類がブレンドされているのが、プロテイン・バーです。

プロテイン・バーは携帯可能で、栄養バランスも良く、過剰摂取する心配もありませんので、とても便利なプロテインといえるでしょう。

大雑把ではありますが、以上がプロテインの説明であります。

ちなみにワタクシは、現在ヒート・ショックという種類のプロテインを摂っております。
とてもハードにトレーニングが出来、なかなかいい感じです。

みなさんも、いろいろとお試しになってみてはいかがですか?
なかなか面白いですョ!

わがジム、アート・ボディ広島には、いろいろな種類のプロテインを販売しております。
関心のある方は、ぜひご相談下さいネ!

お気軽に!!(笑)

お待ちしております!!!

理想のボディへ!上手なプロテイン利用法⑤!!!
間食=太るというイメージがありますが、それは違います。

間食とは、栄養補給だというイメージに切り替えて下さい。

一日に三食だと、どうしても慢性的に栄養不足気味になり、代謝機能が低下します。
それによって身体が防衛反応を起こし、メイン・ディナーにドカ食いしたり、皮下脂肪として蓄えたりと悪循環になり、ますます太っていく原因を作ってしまうのです。

エネルギーを貯蓄する必要のない代謝機能の良い体質を目指しましょう!

間食には、できれば速効性のエネルギー補給ができる物がいいと思います。
例えば、果物やチョコレート類、和菓子等がおススメです。

ですが、トレーニングをしながら体質改善を目指されている方には、それに加えてタンパク質の摂取も必要です。

上に記した間食メニューにプロテイン・シェイクを加えることができたら、パーフェクトです。

プロテイン・シェイクを作るのが困難な場合は、携帯用のプロテイン・バーがとても便利です。
近頃のプロテイン・バーは、いろいろな目的用途別に栄養成分を構成しており、フレーバーの種類も豊富で味もなかなかいける、とても優れモノばかりです。

咀嚼が出来るという点でもプロテイン・バーは、プロテイン・シェイクやMRPよりも優れていると言えます!
プロテイン・シェイクやMRPを単独で流し込むのはあまりお勧めできませんネ!!

必ず咀嚼出来るものと一緒に摂るようにしましょう。

プロテイン・バーの購入に際してのポイントは、市販されている商品では栄養濃度やバランスはあまり期待できないということです。
ジムやプロ・ショップなどで販売されている商品をお求め下さいませ。

ちなみに、わがジムアート・ボディ広島では、とても質の高いプロテイン・バーが幾種類も豊富にございます!
興味がありましたら、一度お求めになってみてはいかがですか?

けっこうハマりますョ!(笑)

その証拠に、プロテイン・バーだけをわざわざ買いに来られるお客様も何人かおられるんですョ!!
もちろん、うちの会員様ではありません、、、。

アート・ボディ広島は、ちょっとしたプロテイン・バー・バブルです!(笑)

長くなりましたので、今日はここまでにしておきます。

では次回は、プロテインの種類別利用法をご紹介いたします!!!






理想のボディへ!上手なプロテイン利用法④!!!
前回、三度の食事プラス二回の間食と述べましたが、現実問題として、お仕事等の具合で難しい方もたくさんおられると思います。

そんな方々には是非ともプロテインを活用していただきたいと思います。

まず、何らかの理由で朝食が食べれない方は、プロテインと炭水化物(果物orパン)の組み合わせをお勧めします。

朝は、代謝を上げるうえで一番大事な食事になりますので、エネルギーにするためにも本当はたくさん食べたいところなんですが、一方では食欲がないという方も多いようですネ!

そんな方には、プロテインだけでもいいから飲んでいただきたいと思います。

時間も食欲もある方はきちんとした食事を摂って下さい。

朝食はなるべく摂っていただきたいと思います。

朝食抜きは代謝機能を狂わす原因となります。
便秘、貧血、肌荒れ、そして肥満への道と考えても構わないでしょう。

昼食、夕食では、ご飯をしっかり食べてください。
高炭水化物でも太ることはありません、正常な代謝機能を維持していれば、、、。

おかずは、高脂肪の食材はなるべく避け、野菜や海草類を摂るように習慣づけましょう。

ですが、飽和脂肪酸(赤身の肉、卵黄、乳製品等)も体内ホルモンに必要なものです。
全く避けるというような極端なことはせず、脂質もある程度摂るようにしましょう。

飽和脂肪酸抜きでの食生活では、健全な身体の成長は困難だと思います。
要は、上手にバランス良く摂ってください。

ちなみに、ワタクシがボディビル・コンテストに向けてバリバリに絞っていた時期でも、毎朝全卵三つとボンレスハム三枚を使ったハム・エッグを山盛りのご飯と一緒に食べていました。

要するに、ベストな代謝の維持を心掛けていたので、きれいに脂肪が落ちていったというワケなのです。

次は意外と重要な間食について述べようと思ったのですが、今回も長くなりましたので、続きはまた次回!!、プロテインの種類別利用法と一緒に!!!
理想のボディへ!上手なプロテイン利用法①!!!
わがジム、アート・ボディ広島ではサプリ摂取の事がいつも話題になっております。

その中でも中心は、やはりプロテインのことです。

メジャーなサプリのわりには、未だに変なプロテイン神話があるなど、意外と誤解されている面もあります。(笑)

プロテインには、あらゆる使い方がありとても便利な物ですが、ワタクシとしては仕事柄、主に2種類の使い方をアドバイスさせていただくことが多いです。

それはベタですが、筋肉づくりのためのプロテイン利用法と、プロテイン・ダイエット法です。

簡潔に述べますと筋肉づくりのためには、消化吸収の早い動物性の物、摂取量は総体重の1,5倍を摂るように努めることです。(体重が70キロの方ならば105グラムというように)

体験的にも、理論上においても筋肉の材料としてならば動物性を利用したほうが効率が良いと思います。

大豆プロテインもよく使ってはいましたが、消化吸収が遅く植物性のため、筋肉づくりよりも、むしろ健康づくりやダイエット向け用のプロテインとして考えた方がよいと思います。

ここで注意するポイントは、筋肉の分解のことを考え過ぎ、血中アミノ酸レベルを保つため、わざわざ就寝前に吸収の遅い大豆プロテインやカゼイン・プロテインを摂られる方がおられますが、睡眠中まで体内に負担をかけることは健康には良くない事だと思います。

就寝直前の食事と同じように、、、。
後々身体に負担が出てくると考えられます。

くれぐれも遅い時間の摂取は避けて下さい。

また過剰摂取の場合、体脂肪になったり、体内の窒素量が増加して腎臓に負担が掛かりますので御注意ください。

理想のボディになるために最良の結果を出すには、タイミングと適量な摂取の仕方が肝心だと思います!!

次回は、プロテイン・ダイエット法を紹介いたしましょう!!!