FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
日本的精神修養としてのトレーニング!!!
今日、ある会員さまから、「吉武さん!今朝背中のトレーニングをしたでしょう!!」と指摘されました。

Tバー・ロウイングのシャフトに、ウエイト・プレートが全部付いていたのを確認しておっしゃったらしいのです。

確かに、ワタクシが使ってトレーニングをしたのですが、、、。(笑)

でもワタクシがこんなに重いウエイトを扱うには、意外な理由があるんですョ!

それは、ズバリ!精神修養としてなのです。

普通、一般的な考え方では、筋肉の発達を念頭に置いてTバーを引っ張り上げるのでしょうが、ワタクシの場合、心で引くことを心掛けて練習しているのです。

心で引くこと、すなわち筋肉の力を抜いて引くことを意味するのです。

何か矛盾しているんではないかと思われる方もおられるでしょう!

どういうことか簡潔に説明いたしますと、使用重量が限界に近付きますと当然プレッシャーが掛かります。

ここで力むと、引っ張る動作では100%力は発揮できません。

その為には完全に我を忘れ、無我の状態になる術が必要、つまりこれが腕の小力で引かずに、大きな力で引く術なのです。

そして、このときはじめて本当に、筋肉に効かせることができるのです。

これが無意識にできるようにならなければいけません。

何気ないエクササイズの動作ひとつにも、こんな奥の深さが存在するんですョ!!

これで、ウエイト・トレーニングは肉体だけではなく、精神の鍛錬にも最適なものだという事が理解していただけたのではないでしょうか!

ウエイト・トレーニングの文化は外国からのものなのでしょうが、日本ならではの肉体プラス精神のウエイト・トレーニングがあってもいいのではないでしょうか。

精神なくして、技術のみのトレーニングでは虚しいと思います。

こうしたトレーニングの方法が日本の文化として浸透すれば、以前の日本人の心の強さが取り戻せることと確信致します。

そして、およそ2670年続いた国、日本の民族としてのアイデンティティーも取り戻せたらなぁと思います!!!









貴女、間違った減量していませんか???
巷で耳にするダイエット成功例で、よく体重が8週間で○○キロ落ちたとか、3か月で○○キロ減らしたとか聞くのですが、これは失敗につながる危険性が非常に高い、素人ダイエットだなぁという事が分かります。

短期間での急激な減量は、リバウンドと皮膚のたるみを確実にもたらします。

実は、ダイエットにも基本となる順序のようなものがあるんですョ!

簡潔に説明いたしますと、まず、いきなり食事の内容など変えようとせずに、筋肉を鍛えて体力をつけること。

見落とされがちですが、減量には体力が必要なのです。

そして体力がつき、基礎代謝が上がったのを実感してから、食事の質を変えていきます。

そうすることによって、リバウンドの心配もなく、美しく健康的にシェイプ・アップできます。

美しくなるために行うダイエットが、いつの間にか減った数字を優先するダイエットに変わってしまうという本末転倒な事実に、何か人間の愚かさというか、ヒステリーな部分を感じてしまいます。

ワタクシがビューティ・ボディ・プランナーとして、アート・ボディ広島に於いて指導するダイエット法は、ホルモン・バランスを整えながら、ツヤとハリと弾力のある若々しいお肌を取り戻し、尚且つ美しいシルエットを創るというものなのです。

夢のように思われる方もおられることとお察し致しますが、現実なことなのです。

決して焦ってはいけませんョ、一歩一歩確実に行きましょうネ!!!
ジム内のスペース作り!!!
久々のブログ更新となりました。

アート・ボディのジム内の模様替え等で、無い頭を捻っていました。(笑)

どうしてもスペースを作りたかったからです。

理由は、またそのうちに、、、。(笑)

そのスペース作りの一環として、昨日ダブ・プロレス軍団にベンチ台とバーベル・セットを買っていただきました。

どうも、ありがとうございました。

喜んで頂けたみたいで、とても嬉しかったです。

早速、道場マッチ終了後レスラーのみなさんで、ベンチ・プレスに取り組んでいました。

ベンチプレスは、やっぱり人気メニューの定番ですネ!(笑)

厳ついレスラーたちがベンチを囲んでの練習風景は、圧巻でした!!

見事に、男たちの空間と化していました。

どんどん練習して強くなっていただきたいものです。

一方、アート・ボディの中も不可能と思われたスペースが出来てワタクシも、ちよっと安堵しました。

あとは、いよいよ、、、。

みなさん、乞うご期待を!!!(笑)




冬に向けて!!!
朝夕と、すっかり寒くなってまいりました。

ワタクシも、タンク・トップ&半パンからT・シャツ&ジーンズに衣替えしました。(笑)

暑さに弱いのですが、寒さにも弱いので、ここからはあっという間に冬支度になると思います。

冬ってホント、辛いですよネ!

ワタクシの場合冬になると、手足がガサガサになってしまうんです。

女性会員様に、ストレッチやマッサージを施す際には手で触れますので、手にはとても気を配っているつもりなのですが、手の甲はいつの間にかアカギレ状態になっております。

意識してハンド・クリームを塗っているのですが、消毒のための手洗い頻度も多いので、なかなか難しいところです。

この冬は、すべすべした温かい手を維持することに努めようと思っております。

勿論、お客様のために!

お客様に心地良さを感じてもらうには、ハンド・ケアは基本ですからネ!!

これでお客様には、エクササイズ後のストレッチ&マッサージで癒されていただければなぁと願っています。

そして一段と、より美しくなっていただけることが間違いない事と確信しております!!!





女性の腹部を美しく鍛える方法!!!
会員様の指導をさせていただいて、いつも話題になる男女共通の関心事は、やっぱりお腹の鍛え方のようです。(笑)

男性と女性とでは、身体のすべてが異なりますので、当然鍛える方法が違ってきます。

女性の身体はとてもデリケートですので、鍛える上で細心の注意が必要となります。

まず一番重要なことは、腹部には決してマシンなどでウエイトを掛けないことです。

ウエイトを掛ければ当然腹筋の厚みが増し、肩から腰にかけてのラインを崩す結果となります。

同じく太いウエストを避けるためには、腹筋のサイド部分にある外腹斜筋のエクササイズも避けるべきです。

サイド・ベントやマシン等でのツイストでウエイトを掛けますと、すぐさまウエストに厚みをもたらしてしまいます。

そうなると、座った時などウエスト・ラインが太く見え、最悪肥えて見えたりするのです。

それでは、どんなエクササイズが適切かといいますと、自重によるクランチ系のエクササイズや、レッグ・レイズのようなインナーも鍛えられる種目をお薦めいたします。

腹部に関しては、自重のほうがマシンより余程鍛えられます。

それから体幹部分は、他のエクササイズでも二次的にしっかりと鍛えられていますので、なるべく直接的に刺激しないほうが良いかと思います。

腹筋などのミッド・セクションのトレーニングって簡単なようで、意外と難しいんですョ!

ましてや身体の美しいラインを強調し、均整のとれた理想的な身体に映えさせる理想的なミッド・セクションを作るには、細かいコツがいるのです。

アート・ボディでは、そういった事をマンツー・マンでご指導しております。

関心のある方は是非、一度訪ねられてみては、いかがですか?

女性にとって過剰発達はどうしても避けたいところですネ!

充分、お気をつけ下さいませ!!!(笑)
アート・ボディ広島の見据える未来!!!
10月になって最初のブログ更新となります。

雑用が多いと、どうしても更新する機会を逸しちゃいます!(笑)

今、ワタクシが取り組んでいることは、アート・ボディ広島というジム・カラーをより一層ハッキリとさせるということです。

たくさんの深刻な問題を抱えている世の中は、日進月歩猛烈な勢いで変化をしております。

ですが、世の中の発展に伴って、人間はますます虚しくなってきているような気がします。

ところが身体を鍛えるということは、幸いにもこれらに関係なく不変な価値のものだと思います。

近代の科学、合理主義とは対極にある自然の法則にしたがってのみ身体機能は向上します。

そういう意味で、アート・ボディ広島の見据えるところは “人間らしさ” を取り戻す空間なのです。

割り切れるものがすべての、人間喪失な合理的現代社会に真っ向から挑む!!

これがトレーニング・ジムの新しいかたち、そしてこれからのジムの役割ではないかと思います!!!