FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
糖尿病患者、熱心な運動で死亡リスクが半分に!!!
今日の気になったニュースの話題なのですが、日ごろ熱心に運動している糖尿病患者は、ほとんどしない人に比べて死亡の危険性がほぼ半分に下がることが、厚労省研究班の大規模調査で判明したそうです。

意外にも今まで、食事に比べ運動指導はあまり実施されていなかったようですネ!

ワタクシの知人も、何人か糖尿病で亡くなっているだけに、この事は、ワタクシにとっても凄く興味を惹くニュースでもありました。

また糖尿病患者の方にとっても朗報ではないかと思います。

ワタクシが感じるには、糖尿病患者の方々には是非ウエイト・トレーニングを!

その中でもアンダートレーニングといって強度の低い運動をおススメしたいですね。

この方法は、筋肉を活性化し、循環を良くして老廃物の排泄を促します。

ゆっくりしたペースでも充分フィットネス効果があるんですョ!!

主任研究者の曽根教授は 『運動は血糖値や血圧を改善させるほか、ストレス軽減効果もあるのかもしれない』 と仰ってられるそうです。

ワタクシも全く同感です!!!

なみちゃんTVアォーン2
ジムでのトレーニングは、手ごろなコストで健康なライフスタイルを送れる最良の健康法です!

なぜ鍛えるのか!!!
昨年、ベストボディジャパンという “かっこいいカラダ” を決めるという新しい試みのフィギュアコンテストが行われました。

“かっこいいカラダ” っていうのも、あまりにも漠然とし過ぎてピ~ンと来なかったのですが、何となく主旨は分かりました。(笑)

今やこういったコンペティションは、ボディビルコンテストをはじめ、ダイエットコンテスト、ボディフィットネスコンテスト等々、それぞれの競技、さらに、その中のそれぞれの団体の基準を設けて審査されております。

そしてエントリーされる競技者たちは、それに向けて己の身体を研磨して行くのです。

ただここで問題なのが、 『 審査基準と肉体美というのが違う!』 という本質を理解した上で鍛えているかという事・・・。

美を求めて鍛えないと、観客は勿論のこと結局は自分自身も嫌気がさして、競技を退くと鍛えることの必要性を感じなくなって、完全に鍛えることをやめてしまうのです。

審査員のために鍛えるなんて“本末転倒”!

まず、肉体賛美の意識が人間の本質にあることに気付くこと!!
(これはアート・ボディ広島命名の由来にも関係しています。 詳しくはフェイスブックで、、、。)

肉体の美しさとは、個性と調和。

審査基準に合わせて筋肉マンになる現代のボディビルダーには美しさも感じられず、一般大衆を魅了することは不可能なのです。

好奇心や面白味はあってもネ!!!

ダビデ像
フェイスブックの 『“アート・ボディ広島” 命名の由来!』 からダビデ像の写真



ハッピーバレンタイン!!!
昨日は、バレンタインデーでしたネ!

『バレンタインおめでとうございます!』 って声かけて頂けるなんて、ホント、ハッピーな気分になります!!

沢山頂いたチョコレートの中に、ただの1つも本命チョコはありませんが、、、(笑)

お心遣い、とても恐縮でした!

皆様、どうも有難うございました。

そして今日からおやつは毎日チョコレート!

勿論、完食しますよぉ~!!(笑)

何といっても甘いものは大好きですからねェ~!

おかげさまで、楽しみがまた増えました!!!(笑)

なみ バレンタインデー 2013年
“マスコットガール”なみちゃんともハッピーバレンタイン!

ブルーノ・サンマルチノがWWE殿堂入り!!!
相変わらずの寒さに震えておりますが、、、(笑)

ワタクシにとっては、熱くなる話題を!

2013年4月6日に開催される 『WWEホール・オブ・フェーム2013』 にてブルーノ・サンマルチノのWWE殿堂入りが発表されたんです!!

そうは言っても皆さんピーンと来ないとは思いますが、、、。

この事は、全米プロレス界にとって、ビッグニュースなんですョ!

真のリビング・レジェンドでもあるブルーノ・サンマルチノが殿堂入りすることにより、これでWWEホール・オブ・フェームも、すべての大衆に認められた本当に品格のあるものになるでしょう。

事実、トリプルHも、“リビング・レジェンド”サンマルチノ氏なしのWWEホール・オブ・フェームは不完全なものだったと発言したそうです。

ブルーノ・サンマルチノは、ホームであるマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)にてWWE殿堂入りを果たします。

ワタクシも観に行ってみたいなァ~!!!

ブルーノ&アーノルド、フランコ
左から、若き日のアーノルド・シュワルツェネッガー、フランコ・コロンボ、そしてブルーノ・サンマルチノ!

広島県ボディビル連盟沖西会長との思い出!!!
広島県ボディビル連盟の、沖西会長が亡くなられました。

実は、この沖西会長は、ワタクシをこの業界に導いてくれた大恩人でもあったんです。

ワタクシがまだ15歳のころ、今は亡きワタクシの父と二人で突如現れて、 『おい!今からボディビルのジムでボディビルをしろ!!』 って有無を言わせず強引に、当時大手町にあった広島トレーニングセンターに連れて行かれたのが、今でも懐かしく思い出されます。

これがまた、当時のトレーニングセンターは地下にあり、ボディビルダーばかりの、とてもハードコアなジムだったのを覚えております。

考えてみれば、あれから33年の時が過ぎ、父をはじめ、沖西会長、他、バイタリティ溢れ、力いっぱい人生を謳歌されてた方々が天国に召されるのも、自然の摂理と言えば、あまりにも儚過ぎる!

沖西会長は病床で、『元気になったらトレーニングをする!』と仰ってたそうです!!

今、与えられた命に感謝して、沖西会長の分までトレーニングするのがワタクシのせめてもの供養法!!!

沖西会長、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

嚶鳴館