FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
祝 第47代ミスター広島 川西毅選手!!!
さる8月23日に行われた中四国ボディビル・フィットネス連盟主催大会のメインでもあるボディビル部門で川西毅選手が広島の頂点に立ちました♪

苦節25年!

彼の真面目で責任感の強い性格上、自責のオーバーワークを重ねた結果の長旅でした。(笑)

ナチュラルビルダーに追い込みトレーニングは全くナンセンスですが、自尊心の欠如から引き起こされる過度のトレーニング!!

同時に仕事もフルタイム以上の責務をこなし、トレーニング時間の確保にも、とても苦労していました。

自分の周囲や環境のみならず、自らの精神までもが悪条件の中での夢の実現、しかも故障だらけのボロボロの身体での偉業です。

その一方、まともに仕事もせず、化学物質を使ってトレーニングだけして簡単に筋肥大しようとしている卑しい根性の大田クンには、同じ舞台に立つ資格もないし、神聖な表彰台は汚してほしくないと思います!

話は脱線致しましたが川西選手、やっとボディビルダーとしてのスタートラインに立ちましたネ!!(笑)

それではメモリアルフォトを楽しんでください♪



川西優勝ポーズダウン
勝利を確信していたのか、余裕のポーズダウン!


川西優勝瞬間
『ゼッケン番号12番!』 遂にヴィクトリーコールされる!!


2015 mr広島 表彰台
夢にまで見た表彰台♪


川西優勝小松と
当日のゲストポーザー、小松選手も祝福!


川西優勝ロビー集合
呉越同舟? 吉武軍団で記念撮影!


川西優勝ロビー5人
個性派5人衆!(笑)


川西優勝打ち上げ-4
早速、みんなで祝賀会♪


川西優勝打ち上げ-1
川西選手と茶谷院長に挟まれて!(笑)


川西優勝打ち上げ-3
ダブプロレスのエース、魁選手も祝杯!


川西優勝打ち上げ-2
怖いバッド・ボーイたちも祝福♪(笑)


2015 mr広島 集合写真 街中
個性派集団の記念撮影は商店街でも注目の的!(笑)


川西優勝打ち上げカラオケ
タフな面子なので場所を移して延々と祝賀会は続きました!


2015 mr広島 金メダル
“マスコット・ガール”なみちゃんも金メダルに大喜び♪

川西選手、おめでとうございます!!

本当に良かった!!!
第一回中四国メンズフィジーク大会!!!
毎年の恒例イベントでもある、広島県ボディビル選手権!

今年も観戦に行ってまいりました。

今回は広島初の試みでもあるメンズフィジーク&フィットネスビキニコンテストも行われ、会場の雰囲気もいつものボディビルの感じとは違ったものでした。(笑)

今回の広島県ボディビル選手権については次回に触れるとして、今回はメンズフィジークについて述べたいと思います。

この新競技のポイントは審査基準をはっきり把握したうえで身体を作っていかなければいけないこと!

考えもなくただ闇雲に重いものを持ち上げて鍛えても、埒が明かないのです。

基準の指標は、トータルパッケージ、筋肉のバランス、セパレーション、密度を重視。

過剰に発達した筋肉や絞り過ぎは減点となるのです。(曖昧過ぎますが)

それにステージマナーと動きの美しさが加わりますので、審査員の方々にとっても難度の高い競技だったのではないでしょうか。

実際ワタクシも見ていて、疑問に感じる比較審査もありました。

フィジーク比較
例えば、この比較審査の写真、向かって右の酒井クンはどう見ても下位争い組みですが、ここでは3位内藤選手6位後藤選手と疑問の残る比較コール。

分かり易く説明致しますと、トータルパッケージのクオリティが二人に比べて低く、かなり見劣りがします。

具体的に申しますと、顔が大きく末端が太いので肉体美の観点からは程遠い感がしました。

無理な重さでトレーニングしているのか、体幹部も太く、常にフレックスした不自然さ、醜さを感じさせます。

この競技の最重要筋肉でもある、腹筋の密度が無いのは、明らかに筋量不足!

念のため申し添えますが、くれぐれも個人を中傷しているわけではないので悪しからず。

フィギュア競技の寸評なので、ご理解のほどを・・・。

そして肝心な事は、選手と同様、審査のレベルもまだまだ追いついていないということ!

トレーニングにしても審査にしても、もっとセンスを磨くことが、緊急の課題であると言えるでしょう!!

この競技を発展させるためにはネ!!!

フィジーク3人
この競技は、顔が大きくなく、腹筋がシャープで末端が締っている方が有利なのです!

“ブラッド&ガッツ”???
いよいよ明日に迫った、広島県ボディビル選手権大会!

ワタクシが明日の出場選手のひとりでもあり、化学物質の副作用である大田クンの “ムーンフェイス” にふれたことから、たくさんの反響やコメントを頂きましたので、今回は競技ボディビルの現実的な部分を・・・。

先ずはこのリストから!

ヒト成長ホルモン=ジェノトロピン16 IE7IU  3回/1日当たり

即効性インスリン=ヒューマログ10IU  4/日

アナドロール=アナポロン100mgs  4~5/日

ダイアナボル=Metanabol15-20mgs   5/日

finaplix(注射)=Finabolan1500mgs/週

テストステロンサスペンション1200mgs/週

IGF-1=プロスタグランジン  4/日

ハロテスチン10mgs4xDay=ストレングス

マステロン =Drolban20mgs  5/日

サイトメル=Triacana25mcgs  3/日

クレンブテロール=Broncoterol

デカ・デュラボリン=ナンドロロンデカン酸1000mgs/週

Diprospan?

プリモボラン・デポ 600mg/週

ウィニー=Strombaタブ100mgs/日

ノルバデックス=Zitazoniumの10mgs  3/日 女性化乳房”の防止・回復

パラボラン=Trembolone Cyclohexylmethylcarbonate1060mgs/週

テストステロンEnathate800mgs/週

EQ=ボルデノンUndeconate1200mgs/週  これって馬用だったと認識してましたが・・・

クロミッド=クロミフェンクエン酸150mgs/日 筋肉増強剤の使用によって低下した睾丸の機能を回復

ナンドロロン=Superbolin(Austrailian)

アンドリオール=Pentestoneの20mgs  2/日

サスタノン=テストステロンブレンド1500mgs/週

L-ドーパ

この列挙された薬物リストは、1990年代のボディビルの王者、ドリアン・イエーツのアナボリックサイクルです。

これぞまさしく動くドラッグストアー!

“ブラッド&ガッツ” という “いかにも” なキャッチ・コピーのイメージ戦略で功を奏しましたが、現実には、“ドラッグ&マネー” なのです。

一日、30分くらいのトレーニングが終わると、後は身体を休めるだけみたいな・・・。

“ブラッド&ガッツ” というのは、きっと副作用に対する言葉なのでしょう。

当然ステロイドサイクルは、ドリアン・イエーツだけでなく、現代のビルダーは言うまでもなく、古くはアーノルド・シュワルツェネッガーやスティーブ・リーブスにもあり、他のスポーツ選手たちにも勿論あります。

面白いところでは、ハリウッド俳優ブラッド・ピットのステロイド・サイクル

Primobolan、Dianabol、Ostarine、Arimidex、Anavar、GW-501516、Aromasinを5ヶ月に渡って使用しているようです。

『ステロイドがアニメのヒーローキャラクターのようなありえない身体を簡単に現実にしてしまう』

そこには、畏敬の念はまったく存在しません。(勿論、健康も!)

今や、ブルーノ・サンマルチノやジョージ・ハッケンシュミットたちのような偉大なナチュラルな人たちの方が少数派なのです!

ワタクシに言えることはただ一つ・・・。

『良い子の皆さんは真似をしないでくださいネ!!』

まぁ、現実ってこんなものなんですかネ!!!

dorian2.jpg
ドリアン・イエーツ(Dorian Yates)
ミスター・オリンピア6連覇(1992年 - 1997年)


注目の広島県ボディビル・フィットネス連盟のコンテスト!!!
立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ワタクシの周りでは、やはり8月23日にある広島県ボディビル・フィットネス連盟のイベント出場を目指して、準備に余念がない毎日を過ごしている方たちが目を惹きます!

今回のイベントは話題も多く、ワタクシもいつも以上に楽しみにしております♪

先ずは、広島では初の試みのメンズフィジークオープン!

ボディビルよりも敷居が低いので、どなたでも気軽にチャレンジできるのが特徴で、各クラス合わせて30人以上の出場者がおられるとのことです。

勿論、アート・ボディ広島からも数名参加予定しております。

続いて、女子のフィットネスビキニオープンも今回が第1回目!

“ビキニの似合う女性” という大義なので、コアなボディビルの名残りの審査から脱して頂きたいものですが・・・。

アート・ボディ広島からは素敵なティーンエイジャーが出場予定です♪

そしてボディビル!

今回は広島県ボディビルの創成期にご活躍された尼川さん、大方さんら諸先輩方も参加!

迎え撃つは、今年の中四国65kg以下で3位となったバイプレーヤー川西クン。

今年中四国75kg以下5位で、化学物質で体重を急激に一年間で増量させたムーンフェイスの大田クン。(このままでは腎臓が心配だが・・・)

昨年の予選落ちの屈辱を晴らすべく、今年から習与性成コツコツ理詰めなトレーニングを実践されている益田氏!

そして新興ジムのストレングス勢etc.

そんなわけで、今年の広島県ボディビル・フィットネス連盟のコンテスト、皆さん注目ですョ!!

IFBB(International Federation BodyBulding)伝統の悪弊、正直者がバカを見るボディビル大会にならないことを期待します!!!


スキンヘッズ 右
コンテストに向けて、ザ・スキンヘッズ!

スキンヘッズ 左 新
剃髪することにより、顔は身体の一部となるのですョ!

スキンヘッズ 頭
ハゲ改善コース開設の広島トレーニングセンターさん、薄毛による開き直りではございませんので悪しからず!(笑)