FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
筋トレが高齢社会の鍵を握る!!!
みなさんごきげんよう、吉武仁貴です♪

今日は、『老人を敬愛し、長寿を祝う』 敬老の日でございます。

現代の老人、すなわち高齢者はひと昔前のそれとは異なり、健康で元気な方も沢山おられます。

これは、『老い』 に関する研究と、それについての情報の賜物だと思います。

例えば、ロコモティブシンドローム(運動器症候群) もそのひとつ!

日本整形外科学会が、超高齢社会に突入する日本の未来を見据え、この “ロコモ” という概念を提唱致しました。

“ロコモ” とは身体を動かす機能が低下している状態を言うのですが、進行すると当然身体全体の健康にも悪影響を及ぼします。

今やその “ロコモ” 人口は予備軍も含め日本の人口の3分の1以上!!

そして、その予防対策として、やっぱり何といっても筋トレが最適だと思います♪

“ロコモ” の初期症状に多い膝の痛みの原因は、主に脚の筋力低下!

脚の筋肉は、最も衰えやすい部位で、早ければ20歳頃から筋肉量の減少が始まります。

ですが、上手に鍛えれば年齢に関わらず筋肉を強くすることは充分に可能です。

そこで、筋力トレーニングの継続的な実践が必要となります。

但し、トレーニングにも注意が必要で、偏ったトレーニングや長い時間掛かるメニューは高齢者の方には厳禁です!!

膝痛予防と思って脚の前面側、大腿四頭筋を重点的に鍛えるのではなく、寧ろ後ろ側のハムストリングや臀部、腹部の筋肉に重きを置き、膝に負担の掛からない歩行法や姿勢に改善していくべきだと思います。

筋力低下は介護への誘い!

御家族や介護者の方のためにも、いつまでの自分の脚で歩けることを心掛けましょう!!

自然界からすれば 『不自然』 且つ 『未知』 な事かもしれませんがネ!!!(笑)


静子ダンベル
当ジム最高齢!大正生まれのアートボディ女子♪

静子アブダクション
姿勢も綺麗に保たれ、明るく元気いっぱいですョ!

静子と仁貴
『正しく鍛えれば、筋肉は年齢に関わらず強くなります♪』 筋トレは高齢社会の問題解決の鍵を握っております!

2016年度 広島県&中四国ボディビル選手権大会!!!
みなさん、ごきげんよう♪

ご報告遅れましたが、広島県及び中四国ボディビル選手権大会、行ってまいりましたョ!

今年は勢いのある福山勢の躍進、ドーピング疑惑の渦中にあるニートビルダー君の扱い等、何時になく注目度の高い大会となりました。(笑)

そんな中、アートボディ・ファミリーもエントリー致しました。

それでは順にご紹介致しましょう!


2016コンテスト 佐々木花束
先ずは、今年初出場の佐々木選手!



2016コンテスト 佐々木新人賞
圧倒的な筋量と適度な絞りで新人賞を射止めました!

2016コンテスト 佐々木表彰
正真正銘の “初ボディビル” です!

2016コンテスト 佐々木ミスター広島舞台
広島県大会でも入賞しました!

2016コンテスト 佐々木7位
来年は頂点狙いか!

2016コンテスト 野上舞台
続いては、60歳以上のクラスで2位となった野上選手!

2016コンテスト 野上花束
長いブランクの後だけに結果を出せて、きっと嬉しかったでしょうネ♪

2016コンテスト 川西花束
そして去年の広島チャンピオン川西選手は、今年は中四国65キロ級にチャレンジ!
コンテスト準備期間中に上腕筋の断裂というアクシデントに見舞われ、思い通りのトレーニングは出来ませんでしたが、根性で5位の座を!


2016コンテスト 選手&応援団
コンテスト終了後、選手と合流する毒舌応援団!

2016コンテスト 中浜 魁
会場入り口で中四国60キロ級チャンピオンに輝いた中浜選手を祝福するダブプロレスのエース魁選手!

2016コンテスト ロビー集合写真
会場ロビーにてアートボディファミリー集合!

2016コンテスト 打ち上げ
恒例の打ち上げは、いつもの如く大盛り上がり!

2016コンテスト 集合写真
この集合写真もいつもの如く、商店街の注目を浴びました!(笑)


今回のコンテストの寸評としては、すごくクレバーな大会でした。

しかしニート君の影響で、化学物質のサイクルの組み方を考えて来年トライする者も何人かいるとか・・・。

無神経な者が一人でもいると、どうしても右習えする者が出てきます。

広島のボディビルも悪い方向に行きそうですが、幸いなことにニート君は今年優勝できなかったら辞めるとみんなに宣言しており、癌を断ち切れそうです。 (お口ばっかりだから辞めないという噂も(笑))

『食事とトレーニングで基礎の土台作り』 から 「薬とトレーニングで土台作りへ」 ・・・。

これも時代のものなのでしょうけれど、何とか軌道修正したいところです!

ラクに時間をかけずに結果を出したい!!

凡庸な考え方なのですがねぇ~!!!(笑)