FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
日本的精神修養としてのトレーニング!!!
今日、ある会員さまから、「吉武さん!今朝背中のトレーニングをしたでしょう!!」と指摘されました。

Tバー・ロウイングのシャフトに、ウエイト・プレートが全部付いていたのを確認しておっしゃったらしいのです。

確かに、ワタクシが使ってトレーニングをしたのですが、、、。(笑)

でもワタクシがこんなに重いウエイトを扱うには、意外な理由があるんですョ!

それは、ズバリ!精神修養としてなのです。

普通、一般的な考え方では、筋肉の発達を念頭に置いてTバーを引っ張り上げるのでしょうが、ワタクシの場合、心で引くことを心掛けて練習しているのです。

心で引くこと、すなわち筋肉の力を抜いて引くことを意味するのです。

何か矛盾しているんではないかと思われる方もおられるでしょう!

どういうことか簡潔に説明いたしますと、使用重量が限界に近付きますと当然プレッシャーが掛かります。

ここで力むと、引っ張る動作では100%力は発揮できません。

その為には完全に我を忘れ、無我の状態になる術が必要、つまりこれが腕の小力で引かずに、大きな力で引く術なのです。

そして、このときはじめて本当に、筋肉に効かせることができるのです。

これが無意識にできるようにならなければいけません。

何気ないエクササイズの動作ひとつにも、こんな奥の深さが存在するんですョ!!

これで、ウエイト・トレーニングは肉体だけではなく、精神の鍛錬にも最適なものだという事が理解していただけたのではないでしょうか!

ウエイト・トレーニングの文化は外国からのものなのでしょうが、日本ならではの肉体プラス精神のウエイト・トレーニングがあってもいいのではないでしょうか。

精神なくして、技術のみのトレーニングでは虚しいと思います。

こうしたトレーニングの方法が日本の文化として浸透すれば、以前の日本人の心の強さが取り戻せることと確信致します。

そして、およそ2670年続いた国、日本の民族としてのアイデンティティーも取り戻せたらなぁと思います!!!









コメント
さすが!!
さすが吉武トレーナー!!
天才肌の吉武トレーナーを日頃より尊敬し、憧れてきましたが、やはり基本は「心」。
魂からの肉体へのアクセスなんですね!!!
2009/10/28(水) 23:12:19 | URL | #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック