FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
ベンチ・プレスを強くする方法!!!
何故か近頃よく質問を受けるのが、ベンチ・プレスに関してのことです。

これは、アート・ボディの会員様以外の方からもたくさんのお問い合わせがあるんですョ!

ひょっとして今、ベンチ・プレスがひそかなブームになっているんですかネ?(笑)

そこで、ベンチ・プレスが強くなるためのポイントを簡潔にまとめてみました。

① スピィーディに爆発的に挙げること。

② 胸の上におろす時は、バーベルをコントロールしながらゆっくりとおろす。

③ 限界まで追い込まず、限界の1~2レップス手前で止める。

④ ①~③を実践させるために、重過ぎるウエイトは使わない。

⑤ 重さにこだわり過ぎて可動域を狭くしないこと。 

以上に挙げたことを守っていただければ、確実に強くなるでしょう。

皆さん成果主義の影響か、近道をしようと重過ぎるウエイトで可動域を縮めて限界まで行っておられるようですが、可動域が小さければ当然筋肉の発達も小さくなります。

筋肉の発達が小さいければ力も強くなりません。

強くなるためのベンチ・プレスだという事を、お忘れなく!!

だから、あまり目先の重量にこだわらず、正攻法なやり方でトレーニングしてください。

いつの日か必ず、目標とする重さに通じる時が来ます。

補助種目としては、アート・ボディにもあるインクライン・ハンマーや、トライセップス・プレスダウン、ダンベル・スカル・クラッシャー、それに肩部のインナー・マッスル強化種目等を採り入れたら良いでしょう。

尚、ベンチ・プレスを練習する際は、必ずパワー・ラック等の落下防止策のしっかりした安全な所で行ってください。

ベンチ・プレスって意外と危険な種目なんですョ!

それから、フォームはきちんと技術を習得された方から学んでください。

悪いフォームは、首、肩、腰を痛めることも多いので、、、。

勿論、アート・ボディ広島でも御指導致しますので、ベンチ・プレスに関心のある方は是非とも御入会くださいませ!!

ジム・ウイリアムスや、パット・ケイシー、そしてブルーノ・サンマルチノのようなナチュラルで本当に強いベンチ・プレッサーを目指しましょう!!!



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック