FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
魅力的なプリケツになるための必須エクササイズ!!!
皆さまご機嫌いかがですか、吉武仁貴です。

今日は連載途中でございました、魅力的な “プリケツ” の作り方の続きを再び!

ヒップアップの優劣の差は、スクワットにおけるしゃがみの深さに比例すると述べましたが、やはり “股関節の正しい回旋” が実践出来ないことには、深くしゃがみにくいものです。

そこで前回お約束した、股関節の正しい回旋が身に付くき、深く身体を沈めることが可能になる “基本中の基本” エクササイズである キャンバードバー・ベンチスクワット(ボックス) をご紹介致します!!

下記の写真をご覧ください。

以下の要領で行います。

梅田 キャンバーフォーム2
梅田 キャンバーフォーム1
(向左)スタート/フィニッシュ   (向右)ボトム

『レギュラースクワット』 と同じように、先ずバーを僧帽筋の頂上で担ぎます。

脚のスタンスは肩幅と同じくらい、爪先は心もち外向きへ。

股関節が上体の真下に来る意識で背中は常に真っすぐに保ちながら、ベンチに一旦深く座り込み、反動等を使わずに上体が前傾しないように注意しながらスタートの姿勢に戻ります。

要するに椅子に腰掛けて立ち上がる動作と同じ身体の使い方なのですが、実はそれがスクワットの基本動作なのです!

このエクササイズの利点を申しますと、股関節の正しい回旋が身に付く。

よって、負荷を脊椎下部ではなく股関節で受ける止めることを覚え、大腿部へ正しく負荷を伝達できるようになる。

フルスクワットに移行した際には、上体の前傾癖が修正でき、股関節の回旋で身体を深く沈め可動域を広げることができる。

デッドリフトに於いても、負荷の伝達が容易になる。

そして膝の負担も少なく、股関節、体幹部(コアマッスル)等の強化にも最適な、スクワットの基本且つ、フリーウエイトの基本運動でもあるのです。

初心者、中級者の方々は、レギュラースクワットを実践されるよりもベンチスクワット(ボックス)から始められた方が良いと思います。

勿論、上級者にもおススメです!

特に使用重量の頭打ちで伸び悩んでいる方には、重量アップの期待大ですョ!!

キャンバードバーはとても優れたツールなのですが、残念ながら日本のジムではあまり見掛けません。

その場合は、セイフティー・スクワットバーまたは、オリンピックバーで代用してみて下さいネ!

キャンバードバーの素晴らしさについては、また後日語らせていただきます♪

キャンバードバー・ベンチスクワット(ボックス) はヒップアップのみならず、全身の筋力アップエクササイズと断言できますョ!!

長くなりましたので、本日はここまで。

次回は、その他の “プリケツ” エクササイズをご紹介致しますネ!!!



それではいつもの動画、 『筋トレ女子のジムアートボディ広島トレーナー日記』 ご覧下さいませ♪











いやぁ~、アートボディ広島って本当に良いもんですねぇ~!
それではまた、皆さまと御一緒に楽しんで参りたいと思います♪

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック