FC2ブログ
アート・ボディ広島・トレーナー日記
http://www.artbodyhiroshima.co.jp にて、ホームページを開設しております。 こちらも合わせてご覧になってください。
間違ったトレーニング法!!!
皆さまご機嫌いかがですか、吉武仁貴です。

先日ある方から、「筋トレ始めたら背中の肩甲骨に手が回らなくなったのですが・・・」 と相談を受けました!(笑)

実はこの手のことはよくある話なのですが、原因は至って簡単♪

間違ったトレーニング を実践しているだけの事なのです。

よくある筋トレに対しての誤解のひとつに、胸の筋肉が付き過ぎてバットやクラブのスイングが出来なくなったとか、パンチが打てなくなったとか、肩や背中の筋肉が邪魔してボールが投げられないとか聞きますが、それは全くひどい勘違いなのですョ!

それは、重過ぎるウエイトを使用しているか、トレーニングフォームが間違った形で実践されてるか、いずれかの原因で、身体(関節)の可動域が短くなっているのです。

筋肉自体はしなやかで柔らかいので、決してパフォーマンスを邪魔することはありません!!

フォーム軽視の我流でヘビーウエイトでの “自己満” トレーニングが往々にして原因です。

使用重量が重過ぎると当然身体が防衛し、可動域を縮め、協働筋の動員数が増し、結果的に主働筋の動員が弱まるのです。

例えばベンチプレスで150キロの重さで10回できるとしても、135キロで10回した方が主働筋に対して遥かに効果が高いことはよくあることです。

改善方法を申しますと、日頃からコントロール可能な適切な重量で、可動域を大きく取ることを心がけてエクササイズを実践されることです。

そして筋トレ後のストレッチもお忘れなく!

可動域の短いトレーニングは怪我にも繋がります。

筋トレは正しく実践すれば怪我もしない素晴らしい運動です!!

ネットやインスタグラムでは間違った理論やフォームが横行しておりますが、アートボディ広島・ファンの皆さまは正しいフォームを学びましょうネ!!!


それではいつもの動画、 『筋トレ女子のジムアートボディ広島トレーナー日記』 でお楽しみくださいませ♪






いやぁ~、筋トレって本当に素晴らしいもんですねぇ~!
それではまた、皆さまと御一緒に楽しんで参りましょう♪
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック